名刺や手書きの名簿など、Excelにリストとしてまとめます。
Excelにデータ化することで、保管場所を確保する手間がなくなり、情報の検索がしやすくなります。
また、名刺や名簿を基に住所録を作成すれば、そのデータを活用して、例えばWordで宛名ラベルを作成することも可能です。